暇つぶしなら有意義に。

人生史上最大の大掃除中の記録ブログです。好きなことも気ままに綴る。

絶対評価で、自信と謙虚の両立へ。

今日は、本屋に寄りました。

f:id:katsuraakiko:20150529070104j:image

立ち読みで何冊もパラパラめくりました。


本当に楽しかった。


その中で、買えばよかったと思うくらいの本が(o・・o)/。


美人になる方法

を紹介する本でした。

何となく見てたのに、ずっと疑問に思ってたことが書いてありました(* ̄∇ ̄*)


自己評価
は絶対的に肯定する自分

が基本。

人と比べないから、人を見下げたり、自分を下げたりしない。

という話でした('-'。)

自信って自信満々とか相手への威圧につながるものじゃなく、もっと静かなものなんですね

自信がなんなのか、ちょっとわかったような。


もともと、もっと自信を付けたい!というのがいつもありました。


でも、基本的に自信があるってよくわからないから。。

「同世代とくらべても、年下と比べてもなんでこんなにできないんだ(@_@)」

勝手に卑屈になったり

勝手にみじめーーな気持ちになったり

今思えば、それは経験値的に仕方のないところもあったり、自分ではどうしようもないことだったりもして、

堂々としておけばなんてことない話だたりするのですが、その時に気づけなかった(o・・o)

これからの人生は

  • 自信が欲しい
  • 自信を持って行きたい
てすごく思って来ました。

しかし自信とはなんぞや

状態。。

加減がわからない私が、下手を打つとただの妙に偉そうな人になるんじゃないんだろうか(+_+)。

確認作業を怠ったり、ミスを増やすんじゃ。。(T_T)


みたいに発想がズレてしまう

そもそも自信が、一体なんのことなのか良くわかっていなかったですし(*_*)(*_*)

でも自信ないといつまでも甘えてしまうし、人を手伝ったり助けたり出来ないし。。

やっぱりよいバランスで自信が欲しい。

安定していて、きっちりと周りも見渡すことのできるバランス感覚が欲しい(* ̄_ ̄*)!



そんな私に、今日読んだ本はあーなるほどって思う内容だったんです(ノ*゜▽゜*)

題名を失念してしまった、、うん、美人についての本でした。

内容は↓

○自分を相対評価する

人と自分を比べるので

自分に対する認識が悪くなりがち。
自己評価の低さ
自尊心の低下

あるいは
人をマウンティングする
人を見下げる、非難する


○自分を絶対評価で肯定する

人と比べない
自分は絶対的にいい
絶対的に美人

あの人も綺麗だけど私もいい

私もいいけどあの人も美しい


という、ちゃんとした自信と相手を評価して認める謙虚さが両立できる。

よいなあ。

絶対的に美人

って思う。

知ってる人が見たらそっと鏡を渡してくれるけど、
自分でおもってるぶんにはいいもんね。。?


自分もちゃんとよい、
相手もちゃんとよい、自分とは違う。

自分はだめって思わなくてよいから、前向きな発想が出来そう。( ・∇・)

これからは根拠のない自信を持ちます(-^〇^-)笑