暇つぶしなら有意義に。

人生史上最大の大掃除中の記録ブログです。好きなことも気ままに綴る。

愛情≦言葉の選択

親よりも社会のほうが厳しい。とよく、聞きます。

その通りなのですが。
でもどういうわけか
外で何言われても割りと平気。(あくまで割りと)

一番心をえぐってきたのは(覚えてしまっていたのは)、親の発言でした。
不思議ですね。

「頑張ってほしい」
「注意して、失敗のないようにしてほしい」
「不遜な態度をとらないように」

という
という親の愛情を込めた意図は、しばらく気付けませんでした。

否定が強い言葉だったから。

明るい未来が浮かばない、っていうのか。

あー現状まずいのね。っていう捉え方しかできない子供だったのか。。

  • こんなもの食べたら病気になるよ
  • テレビ見てたら馬鹿になるよ
  • こんなこと言ったら嫌われるよ
  • 猫背はみっともない
  • さほど可愛くないのだから、勘違いしないように
  • ニコニコしないと、暗いと思われるよ
文にすると、なんてことありませんね。
他人に言われたら、「はーい(^^)/すみません」ってだいぶスルーしそう。

容姿に関すること
成果に対する否定
将来を悲観させること

おそらく、これは親から言われると呪文ばりに強力なので、
縛りつけられる感覚がありました( ;∀;)


すっごく怯む。
すっごくテンション下がる。
報連相する気失せる

のトリプルコンボ。

行き着くと家に居場所がない感も生む不思議。
さぁ次は何を言われるんだ!
どこでリラックスしよー( ;∀;)っていう居心地。

ーーーー
でもまぁいっか。
と思ったのはいつだったか。

だって、親の心情なんて子供にはわからないのです。


去年から開き直ってやりました(ヽ´ω`)ふふふ!


言われたら、「不快なんじゃ」と示すか
「完全スルー」

放っとくと今でも言われるんですよね。


軽口大丈夫な人もいれば、
家族からの軽口はダメな人もいるんやで(-д☆)キラッ

もう!
傷つくわぁ( ;∀;)
うるうるだーい!うるうる(:_;)

強くなりたい。
もう自分を言葉の縛りから開放してあげることにしました。

何を言われても、へっちゃら。

だって、自分なりに。
日々頑張ってみたんだし。

もの言えぬ顔が可愛そうだから、ご主人様としての私だけは、むっちゃ今日も可愛いよって思っておく_(._.)_

私自身も顔には文句を言いまくっていた時も、本気で悩ましいとも思ったことも。
ごめんなさいm(_ _;)m

そして人に対して気軽に発言しないように!

人を和ます言葉を発する人でありたいです(@^^)/~~~