読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしなら有意義に。

人生史上最大の大掃除中の記録ブログです。好きなことも気ままに綴る。

セトウツミ

今週のお題「映画の夏」

お題に乗っかってみました。
春先くらいに予告編を鑑賞していた気がする。

観たのはセトウツミです。

7月はじめから公開されてたためか
地元では午後の上映がなくなってしまっており、電車で梅田へ。

🚃。。

f:id:katsuraakiko:20160804220611j:plain

当日券残り三枚の時点で滑り込み。
空席なしの上映でした。
間に合ってよかった。

映画のために来た梅田なのです。
入れて本当に良かった。

両脇が大学生男子という席順で
わっっかぁぁあー
と言いそうになりました。
一般の人はいたのかな。平均年齢も若くて学生証提示している人が多かった。


隣は女性だろうと思いこんでた分私も笑えるのかなーとちょっと心配に。
やっぱり男女問わず人を集める題材やもんな。。
と思いつつスタート。

ーーーーーー

原作を知らなかったのですが
すぐ話に入れまして

結局一度笑ったらホッとしてずっと笑ってました(*^^*)あはは

ーーーー
あっさりした笑いをベースにした語らい
いくつかのエピソードに小分け
季節を巡る構成
とっても見やすくまとまってて楽しかった

関西と関西以外で感じる馴染み方が違うだろうな。
the大阪感が素敵。

主役の二人の「裏のない」コミュニケーション
癒やしです(*´ω`*)。

高校生のときに考えることって、もういくつかは
その後で何年経っても変わらないこと考えてたな
と思い出させてもらった。

いっぱいいっぱい頭をひねりつつ、
深い考えを吐露しつつ
幾つかの真実を掴みつつ
ひたすら力の抜けたやり取り

押し付けがましくなく
滔々と描かれる話と喜怒哀楽

楽しい。
間も好きでした。
笑いがあるって本当にいいなぁ。


とにかく裏がなかった

影っぽい部分をところどころチラ見せして
あえて触れなかったり
触れたけどさわりだったり。


だからユーモアが目立った。
哀愁的に描かないことでユーモアが光って見えるんやな。。


池松くんは本当に関西弁頑張った
。すごいなぁ。

78点て隣の人に言われてたんですね笑

方言指導の先生に気遣うか時間の制限で、あるいは場の空気で、自分が訂正するわけにはいかないジレンマ。
ちょちょっと言ったらその場で93くらい精度を上げてくれそうやもんな。

最後の方になるにつれてイントネーション忘れて見てた。
ローファーに白靴下がマイケルみたい。と思った。


菅田将暉君は明るくてさばけてて優しい息子で
世渡りする高校生男子やった。
とにかく恋仕方が可愛い
しかし端正だな。顔のアップが大きくてあそこまで端正だと驚きます。

いけまつそうすけと
すだまさき

語感的にいい名前。理由はないんですが、名前がいいなぁとテロップで思いました。

中条あやみちゃん
これは意志の強いマドンナである。
こんな子廊下ですれ違ったら振り返りそう。。


書いてて思ったけど
いつか二人は、ステータスの差が大人仕様で取り沙汰されるんだろうか。

大人って哀しい(´・ω・`)苦笑



そういう哀しい言い方は似つかわしくない
二人は二人共賢くて楽しくて裏がない
裏のない笑いが本当に楽しかった(*^^*)

若い子はどう見るんだろう。